経過措置による資格認定

経過措置による資格認定

スクールカウンセリング推進協議会の構成団体が認定している基礎資格を持っている方は、現在経過措置によってガイダンスカウンセラーの資格認定試験を受けることができます。

2013年の申請手続きは、所属する各団体の事務局で受け付けます。詳細は、6月にご案内します。その後は、各団体の事務局にお問い合わせください。今年から、年に1回の受付になります。名称が、「資格認定試験Ⅱ」に変更されます。申請者の条件は、変わりません。

資格認定試験Ⅱは、①各所属団体での書類審査、②スクールカウンセリング推進協議会の認定委員会での書類審査の2段階で行われます。

資格認定試験Ⅱでガイダンスカウンセラーの資格認定を受ける者は、次のAとBの両方の条件を満たしている必要があります。
A:
1 スクールカウンセラー推進協議会の構成団体の会員で、各団体の認定する資格を持っている者(有効期限の確認を忘れないように)

B:以下の5つの項目のいずれか1つを満たしている者
1:.ガイダンスカウンセリングに関した実務経験を10年以上有する者
2.:学校・地域において、生徒指導,進路指導,教育相談等で主導的役割を果たしている者
3.:教育行政において、ガイダンスカウンセリングの業務に関して主導的役割を果たしている者
4:.学校の管理職として、ガイダンスカウンセリングの業務に関して主導的役割を果たしている者
5.:著書・論文等でガイダンスカウンセリング分野に関連した業績を有する者

資格認定試験

FrontPage

powered by Quick Homepage Maker 4.81
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional